住居を所有するか賃貸かは大きな問題ですが、どちらにもメリットとデメリットがありますので熟慮する必要があります。

賃貸についての相談をする
賃貸についての相談をする

賃貸住居のメリットとデメリット

住まいを買うか借りるかは大きな問題です。賃貸ではずっと家賃を支払い続けなければなりませんが、不動産を買った場合にはローンを組んだとしても、ローンの返済が終了すれば自分の所有物になるという点は大きいのです。また、ローン返済期間中は団体信用生命保険に加入することになりますから、万が一の時の安心感もあります。さらに不動産を所有することによって社会的信用度が増すという点も見逃せません。

しかし、賃貸にもメリット多くのメリットがあるのです。転勤が多い職場ではすぐに移動できる方が便利です。また住居は実際に住んでみないと住み心地の良し悪しの判断は難しいのですが、気に入らなければ自由に引っ越しできるので不満を抱えて住み続ける必要もありません。そして、所有している不動産では経年劣化が生じるのは避けがたいのですが、賃貸なら常に新しい住居に住むことも可能なのです。また、経済がインフレ傾向にある時代には家賃が高騰することも考えられますが逆にデフレ傾向だと安くなることもあり得るのです。

ただ住居を借りて住む際には注意点もあります。住居を自分の好みにリフォームすることはできないのは勿論、壁などに釘を打つにも気をつける必要があるのです。借りた住居を退去する時には原状回復して返さなければなりませんから、住むにあたっては丁寧に使用するように心掛けると良いでしょう。

【参考】

Copyright (C)2017賃貸についての相談をする.All rights reserved.